写真素材サイトの検索機能。曖昧な検索候補が効果的

サイト内検索は、多くのサイトに用意されている機能ですが、特に写真などをダウンロードする素材サイトでは、ユーザーがこれだ!と思う画像を見つけるまで何度も検索を繰り返すことが多くなります。

このようなサイト内検索では、補助機能によって何文字か入力すると該当するキーワードの候補がいくつも表示されたりもしますが、その候補の表示の仕方でコンバージョンに変化が生じるようです。

出典:A/B Testing Internal Site Search for Stock Photos: Exact Match vs. Fuzzy Match

Bigstockについて

Bigstockは、2004年にカリフォルニアで設立され、2009年にShutterstockに買収された定額制画像素材サイトです。

ちなみに、いまはニューヨークに会社があり、サイトは日本語にも対応しています。

Bigstockでは、3000万点を超える写真などの素材をストックしていますので、目当ての素材を探すには検索機能を使うことが前提になります。

A/Bテスト

A/Bテストでは、検索窓に文字を入力した際、補助機能として表示される候補の出し方について比較が行われました。

比較内容は以下の2つのパターンになります。

・完全一致(完全に一致するワードのみ候補を表示)
・曖昧検索(入力されたワードに近いものも含めて候補を表示)

「完全にスペルが一致してるものだけを表示する」か「スペルが近いものも表示する」かの違いになります。

完全一致(完全に一致するワードのみ候補を表示)

例えば完全一致の場合は、cala と入力した際に、cala から始まるワードのみ(完全に一致するワードのみ)が表示されています。

曖昧検索(入力されたワードに近いものも含めて候補を表示)

曖昧検索の場合は、cala と入力した際に、calendarcall center など、入力したスペルに近いものも候補に含めています。

A/Bテストの結果

結果としては、「曖昧検索」の方がコンバージョン率が高くなったようです。

曖昧検索によって似たようなスペルの候補も表示することで、以下のような結果となりました。

カートに追加された画像の数が 6.52%増加

ダウンロードされた画像の数が 3.2%増加

まとめ

今回のA/Bテストを行ったサイトでは、完全に一致した候補のみを表示よりも、近いワードも含めて表示する方が良い結果となりました。

確かに、ユーザーの入力文字に誤字脱字がある可能性もありますので、曖昧検索で近いワードも含めて表示した方が正しい検索結果に辿りつきやすくなるかもしれません。

また、曖昧検索によって他の候補を表示することで、いろいろなカテゴリーの素材に触れる機会も増え思わぬ発見などもあるのかもしれません。

曖昧検索であれば、スペルミスを防ぐことができますし、また自分が探しているもの以外も提案してくれることになりますので、そういった点でメリットがありそうです。