モデルの視線がユーザーにも影響。サイト内でユーザーを誘導する画像の使い方

アメリカのコンサルティング会社「Nielsen Norman Group(ニールセン・ノーマン・グループ)」が公開したデータによると、ユーザーの多くはサイトを細かく見ていないということが判明しました。

以下はその内容になります。

79%のユーザーはサイト内の文章を斜め読みする。

サイト内の文章を丁寧に読むユーザーは、わずか16%

ユーザーの多くがサイトをしっかり読まずに斜め読みしているということです。

多くのユーザーはサイトを流し読みする


via:https://vwo.com/blog/

この画像のように、多くのユーザーは、よほど興味のある文章以外はサッと流し読みする程度でサイトを閲覧しています。

長い文章のなかに大切な情報を書き込んでいる場合、ユーザーはその情報に気付かない可能性があります。

そのため、ユーザーに必ず読んでもらいたい文章がある場合は、コンテンツの中に埋もれてしまわないように配置などを工夫する必要があります。

具体的には、フォントの色やサイズを変えたり、その部分に背景色をつけるなどの工夫になると思います。

写真のなかのモデルの視線の方向がユーザーにも影響

もうひとつ、こちらも興味深いデータになりますが、ユーザーは写真の中に写っているモデルの視線の先に意識が向くようです。

下の画像は、2パターンの赤ちゃんの写真を使ってユーザーの視線の動きを調べたものになります。


via:https://vwo.com/blog/

左側について説明すると、ページ内で「赤ちゃんが正面を向いている写真」を使用した場合、ユーザーはその赤ちゃんに注目するようです。

右側について説明すると、「赤ちゃんが右側(テキストのある方向)を向いている写真」を使用した場合、ユーザーもその赤ちゃんの視線につられて、その視線の先にあるテキスト部分に意識が向くようです。

この結果によると、モデルの視線がユーザーの視線を誘導するということになりますので、コンバージョン率を重視するサイトの場合は写真のモデルにも注意を払う必要がありそうです。

出典:7 Proven Ways to Improve Website Readability and Boost Conversions